本文の始まりです

全室個室のユニットケアを実践する上で
個々の利用者の意思に配慮した介護を実現することに努めます。

個別のケアプランにより、利用者の生活の質の向上を図ります。また、閉鎖的にならぬよう施設全体行事やレクリエーション、隣接市民センターや地域との合同行事などに可能な限り参加し交流の場を広めます。サービスの内容は以下の通りです。
①施設サービス計画の立案 ②食事 ③入浴 ④機能訓練 ⑤生活相談 ⑥健康管理 ⑦理美容サービス ⑧行政手続代行 ⑨日常費用支払代行 ⑩所持品保管 ⑪レクリエーション等
※理美容及びレクリエーション、その他利用者が負担すべき日用品代等については、実費をご負担いただきます。


入居・介護サービス


食事

管理栄養士の立てる献立表により、1日3食、利用者様の身体状況に考慮した栄養バランスの整った食事を提供します。食事はできるだけ離床して、食堂で食べていただけるようにいたします。
朝食8:00~10:00、昼食12:00~14:00、夕食17:30~19:30

排泄

利用者の状況に応じて適切な排泄介助を行うと共に、排泄の自立についても適切な援助を行います。

入浴

週2回以上の入浴または清拭を行います。寝たきり等で座位のとれない方は、機械を用いての入浴も可能です。

離床・着替え・整容等

寝たきり防止のため、出来る限り離床に配慮します。生活のリズムを考え、毎朝夕の着替えを行うよう配慮します。個人としての尊厳に配慮し、適切な整容が行われるよう援助をします。シーツ交換は、週1回実施します。(その他、必要に応じて実施します。)

機能訓練(日常訓練)

機能訓練指導員(理学療法士または看護師等)により利用者の心身の状況に応じて、日常生活を送るのに必要な機能の回復またはその減退を防止するための訓練または日常生活リハビリの実施に努めます。

健康管理

嘱託医師及び看護師により、健康管理に努めます。緊急等必要な場合には主治医あるいは協力医療機関等に責任をもって引き継ぎます。利用者が外部医療機関に通院する場合は、その付き添い、介添えについてはご家族の協力をお願いします。

相談及び援助

利用者及びそのご家族からのいかなる相談についても誠意をもって応じ、可能な限り必要な援助を行うよう努めます。利用者の施設介護サービス計画が作成されるまでの間についても、利用者がその有する能力に応じて、自立した日常生活を送れるように適切な各種介護サービスを提供します。

行事・イベント

当施設では、必要な教養娯楽設備を整えるとともに、施設での生活を実りあるものとするため、適宜レクリエーション行事を企画します。
【主な娯楽設備】カラオケ、映画鑑賞、足浴等
【主なレクリエーション行事】正月(餅つき)、夏祭り、敬老会等

スタッフ・医療連携体制


介護職員が24時間常駐し、
各医療機関と連携しています

介護職員、看護職員、機能訓練指導員、介護支援専門員、生活相談員、管理栄養士、嘱託医が入居者様の生活をサポートいたします。当施設では介護職員が24時間体制で常駐していますのでご安心ください。また、協力病院・歯科医院などの医療機関とも連携しています。
【医療機関】地方独立行政法人 芦屋中央病院(嘱託医の医院)、医療法人 堺歯科

通所介護 〈ソレイユ芦屋デイサービスセンター〉


入浴・足湯・マッサージなどでリラックスしながらご利用者様の個別ニーズに合ったケアを提供しています。

在宅で生活されている要支援以上の方が、送迎を受けて通い、日常生活上のお世話や機能訓練を行うサービスです。体験利用もできます。


居宅介護支援 〈ソレイユ芦屋ケアプランセンター〉


ご家族だけで悩まれていませんか?

ケアマネジャーが介護全般のご相談に応じ、ケアプランの作成を行います。
・介護保険制度に関する相談とアドバイス
・要介護認定などの手続き代行
・ケアプランの作成
・各種介護サービス提供業者との連絡調整

当施設に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

093-221-1500(代表)

【受付】8:30~17:30 (月~金)

本文の終わりです

ページの上部へ