監督紹介

監督写真

大学野球とは、一人の社会人として通用する一人前の人間を作る場所である


大学を卒業した学生のうち1割しか野球を続けられないのが現実。
そして、卒業後の人生の方が学生の時間よりもずっと長いのです。

何事にも真剣に取り組め

野球の練習があるからと言って授業をさぼる生徒は、野球もうまくできない。
何事にも真剣に取り組める人間は、将来、世の中に出て活躍できる人間になる。

親に感謝する気持ちを忘れるな

ここで大好きな野球ができるのも、親がその環境を作ってくれたから。それを当たり前のことと考えずに親にはいつも感謝しなさい。

伊藤 健治 監督

大学卒業後社会人チームに16年間在籍し、ノンプロのコーチ・監督を歴任。
その後、大学の監督として22年目を迎える。
全日本大学野球連盟の選考委員経験有り。日米大学野球の全日本コーチとして出場経験有り。
チームスローガンは"東京を倒せ!!"